2016/02/01 632

. マイナス金利 .

日銀が史上初めてのマイナス金利導入を決定しました。
民間銀行が日銀に預ける当座預金の金利をマイナスにし、預金から企業への貸し出
しを促すのが狙いのようです。
しかしこの政策、果たして効果があるのでしょうか。
現在これだけの歴史的低金利でも、企業の資金需要は低水準。
マイナス金利政策は株価上昇と円安効果を狙ったものではないかと疑ってしまいま
す。

そもそも2年で物価上昇率2%の目標はいつの間にか4年に先送り。
金融政策の手詰まりをマイナス金利という奇策でカバーしようというのが透けて見
えます。
安部政権の新第三の矢のGDP600兆円という目標自体ウイッシュリスト。
2%もおぼつかないのに現在の500兆円から20%アップなど夢のまた夢です。

いずれは庶民の銀行預金の金利もマイナスになる時代が来るかも。
預けておいて損をするより、その資金を株式にとなれば株価は上昇。
リスクのある株より、思い切って欲しいものを買うとなれば物価は上昇。
無理やり政府の思惑どうりにするのが、この政策の本質なのかもと疑ってしまいま
す。

いやいや、そんな投機をせずにタンス預金が一番安全という判断が大半かもしれま
せん。
そうなれば逆に消費は低下、デフレは脱却など遠のく一方です。
増えるのは消費ではなく、タンス預金の現金を狙う泥棒ばかりとなっては笑うに笑
えぬ事態ですね。

2016/01/25 631

. 初詣 .

今年の商工会議所の初詣は奈良の春日大社。
私にとって数十年ぶりのお詣りです。
今年は第60次式年造替の年。
造替とは伊勢神宮で言えば、遷宮に当る神様のお引越し。
遷宮との違いは本殿を建て替える間、神様が一時仮宮に移るのが造替。
記念の年の記念すべき初詣となりました。

昼食はクラッシック様式で名高い名門、奈良ホテル。
たたずまいは日本家屋ですが、内は重厚な西洋様式の格調高いホテルです。
築100年を超えるまさに関西の迎賓館。内装は圧巻です。
美術館と見紛うばかりの絵画、調度品の数々。
フロント前には上村松園の「花嫁」。ダイニングルームの大観、玉堂などなど。
食事をするのを忘れてしまうほど見応え十分です。
ハイシーズン、ローシーズンで宿泊費が変わるのも西洋のホテル方式。
冬はローシーズンで閑散かと思いきや、今年は予約が取れないほどの盛況ぶり。
聞けばこの時期、県の補助政策で宿泊費は半額。
折からのインバウンドとあいまって、価格の高い部屋から一杯だそうです。

奈良県の閑散期の観光客誘致対策に議員の感心しきり。
サミット開催で浮かれる三重県は、果たして十分な準備ができているのでしょうか。
各地では水面下の官民一体となった、熾烈な観光客争奪合戦が繰り広げられているようです。

2016/01/18 630

. フェアトレード .

先週は食品業界に激震が走りました。
大手カレー専門店の廃棄食材の横流し事件
業界に身を置く者として他人事ではありません。

本来廃棄すべき食材を転売し、引き取り料を受け取るばかりか販売で利益を上げ
る。
信じられないことですが、それを半ば承知で流通に卸すブローカー。
価格競争から待ってましたとばかりに店頭に並べるスーパー、弁当店。
廃棄という安心、安全対策が裏目にでた今回の事件。
全て低価格競争が産んだおぞましい結果です。


もうひとつの事件はスキーツアーの大事故。
これも信じられないような低価格ツアーが引き起こした悲しい事件です。
法定価格を下回る料金でツアー会社に斡旋するバス会社。
そのコストで価格を設定し、激安ツアーとして客集めする旅行会社。
高速料金さえカットするようなコスト設定はまさに異常です。

リーズナブルという安さを表す今流行りの言葉。
その根底には安くなる正当な理由がなければなりません。
犯罪、違法などがそのリーズンだとすれば論外です。
まっとうな取引が危うくなるほどの価格競争はだれも望んではいないはず。
フェアトレードは国際法の世界ではなく、もはや日本の国内課題なのです。

2016/01/12 629

. 日曜美術館 .

今年初めてのNHKEテレの日曜美術館。
新春にふさわしい「夢の江戸美人画 傑作10選」です。
歌麿、北斎、春信等、浮世絵、肉筆画の傑作がずらり。

ゲストは俳優のイッセイ尾形。イラストも手掛ける私のお気に入りのマルチタレン
トです。
江戸の美人画の特徴は細目とおちょぼ口。
顔からの情報量が少ない分、ちょっとしたミステリアスな目の動きで解釈が分かれ
ます。
視線の先にある対象物を推理すると、そこには意外な物語が、、。

鈴木春信の「雪中相合傘」の男女の視線からイッセイは二人の行く末の不幸を指摘
します。
番組の他のゲストの能天気な感想とは感性の違いが明らかでさすがイッセイ。
きれいきれいの美人画から、悪徳の美へ時代と共に変遷。
女性の自立が見て取れる作品が増えてきます。

驚いたのは葛飾北斎の娘応為の「夜桜美人図」。
寡聞にして彼女の存在さえ知りませんでした。
その光と影のコントラスト。夜空の星と主人公の顔のライティングの妙。
人物画なら親を凌ぐといわれた応為。
西洋の印象派のまさに先駆けがここにあります。

大味なお正月番組に飽きた身には最高のプレゼント。
再放送は1月17日の午後8時からNHKEテレ。お見逃しなきよう、、。

2016/01/05 628

. ルーティーン .

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年のお正月は穏やかで暖かいお天気に恵まれました。
伊勢湾から上がる初日の出は神々しいまでの美しさ。
思わず手を合わます。
毎日散歩で日の出を見ること、25年。
雨の日、雪の日、曇天の日。
晴天でもわずかな雲に隠れ、完璧な日の出の確率は3割程度。
今年はまさに上々のスタートです。

町の神社では近所の人達と焚き火に当たりながら新年のご挨拶。
甘酒と清酒をいただきながら、町内の賀詞交換会です。
皆さん、徒歩でのお参りなので御神酒をいただいてもOK。
町内ならではの嬉しい初詣です。

夜は長男夫婦と孫娘で恒例のすき焼き。
彼らが帰ったら後は、夫婦でおせちを肴に晩酌です。
Eテレのニューイヤーコンサートでウイーンフィルのワルツを聞きながら、新しい
年に乾杯。

昨年話題となったのがラグビーの五郎丸選手の決めポーズ。
集中力を高める祈りの姿。
いつものお正月の過ごし方は新しい年へ挑戦のルーティーンなのかも、、。
平和のありがたさをつくづく感じます。


今日は仕事始め。今から財界、業界の賀詞交換会に行ってきます。
初キックが見事ゴールできますように、、。

2016年が皆様にとって良いとしになりますように。
どうぞよろしくお願いします。


新しい記事へ 前の記事へ

 

HOME